簡単に電報の申込ができるe-denpo - 比較電報情報館

e-denpo

簡単に電報の申込ができるe-denpo

メールの普及が顕著であっても、電報は贈る側の気持ちや丁寧さが伝わります。特に冠婚葬祭では目にする機会は多いです。また、入学や卒業など様々なシーンでも利用されることは多いです。昔は電話で申し込むことが主流でしたが、今は簡単にネットで申し込むことができて大変便利になりました。

今回ご案内するのは、簡単な申込とお手頃な料金に定評があるe-denpoの公式サイトです。24時間いつでも受付をしているので、急な手配にも対応してくれます。また、これまでの電報は3000円からが相場でしたが、その半分以下の料金で手配することも可能です。

サイト内には各シーンに合わせて文例集も掲載されているので参考になります。デザインも豊富に用意されています。お花やぬいぐるみなどと一緒に贈ることもできるので、喜ばれること間違いなしです。電報をご検討されている方にはお薦めのサイトです。是非ご活用下さい。

電報のe-denpo 公式サイトへ

口コミ情報

32歳,女性

お祝いのメッセージを送る方法として、最近は電子メールなどパソコンやスマートフォンの利用が多くなりました。手軽で、料金もほとんどかからないですが、その分相手へのメッセージとしては残りにくくなります。心を込めて文章を作成したとしても、他の人が送った文章の中に紛れてしまうこともあります。もっと印象が残るような文章の送り方を選ぶとよいでしょう。

e-denpoは、インターネットから電報を送ることができるサービスです。電報といえば電話を使って送るイメージがありますが、インターネットから送ることができます。ですから、送りたい台紙を目で見て選ぶことができます。結婚式のときには、結婚式に合ったものを選ぶことができます。新郎新婦が喜びそうなものを選ぶこともあるでしょう。

こちらのサービスのよいところは、シーンから選ぶことができることです。結婚、出産、誕生日などいろいろなシーンが用意されています。結婚といっても、友人の場合、親戚の場合、会社関係の場合があります。より細かいシーンに合わせて選ぶことができます。文章に困ることがあるときは、文例を参考にできます。いくつかの文例があるので、それらをそのまま使うこともできますし、自分なりにアレンジすることもできます。

37歳,女性

電報と言えば、電話が一般庶民に普及して間もない頃と同時に普及した、日本の歴史ある伝達ツールのひとつです。その歴史は1860年代と明治の頃まで遡るほど、古い歴史があり、まさに文明開化で花咲いた頃、日清、日露戦争などの戦争との絡みも相まって、国民にどんどん普及して行きました。よく当時の歴史映画などに、電報で戦死の通報を伝えるシーンが出てきますが、当初はその様なお悔やみを伝える手段として一般普及していった模様です。

現在の電報は、お悔やみなどの悲しい終焉のシーンだけでなく、人生の門出である結婚式や入園、入学などの様々なハレの日にも、きちんとメッセージを伝えてくれる役割を見事に果たしてくれています。メールや電話もうれしいですが、手紙や電報のメリットは、後々記録されると言う事ではないでしょうか。文字にして、半永久的に自分の手元に残す事が出来るのは、受け取った側はもちろん、頂いた方もかなりうれしく感じるでしょう。

そんな電報も、最近ではe-denpoと言うインターネットでの受け付けも可能になりました。人件費がかからないせいか、値段も低予算で受け付けてもらえますし、ぬいぐるみや押し花の台紙などのスタンダードなタイプの他にも、女性が喜びそうな美しい花束や、子供の誕生日などにわくわくした夢のある演出が出来そうなバルーンでの電報お届けも可能です。